<   2006年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

心機一転、意気揚々?

d0037370_15324332.jpg
やっと戻ってきた、ダイアロス ─── 久しぶりのこの地の空気が、懐かしい
・ ・ ・ 前回も全く同じ事を言った気がする、こんなに頻繁に「久しぶり」という言葉を使わなくてはならないとは
まったくどういう事だろうか

全ては、先日からこの世界を管理しているという「ゴンゾロッソ」なるところの不手際のせいだ
今回起こった不手際は前のような予定延期などという生易しい物ではなく、その結果として
世界の安定化のため、数日間の出来事が無かったことに ─── いわゆる「巻き戻し」されたらしい

私はその数日間、ちょうど留守番が多かったために、スキルやアイテム等への大きな影響は無かったが
shinyは素手とダンスの修行の結果が全てゼロ、銀貨を集め、闇商人から買ったナックルも消え
そしてみつき姉は、わさび300個分程の収穫修行が無かったことになってしまい
ふたり揃ってT.S.している始末 ─── みつき姉など、そろそろ本当に消えてしまいそうだ
他のひとの話を聞いていると「投げのスキル値が85から0に戻った」などという強烈なものもあり
shinyやみつき姉はまだまだマシな方だというが・・・ふたりとも、ちょうどやる気を出し始めた時期だっただけに
精神的な影響は大きい、な

d0037370_16152899.jpgさて・・・今日はちょうどカオスゲート開放の日、久しぶりのChaosAgeへと向かってみたが
やはり皆、士気の問題か、それとも充分な準備を行うだけの時間が少なかったせいか
以前に来たときには強者たちで溢れていたこの場所にも、今日は大した人数が集まらない
それに加え、見た目と実際の状況が合わないという理不尽な現象 ・ ・ ・ 同期ずれと呼ばれるこの現象も激しく
案の定、戦力不足の負け戦続き ─── 士気は下がる一方、か

かく言う私も、大きな影響はないと言ったが、それでも日々の鍛錬や稼いだ資金が無かったことにされている
巻き戻された分を取り返そうと、再び鍛錬へと赴くが・・・同じ作業を繰り返させられるようで気分が悪い
これならいっそ、ソウルバインダーに吸い取られたほうが余程すっきりするッ!!

まったく、私もやはり士気の低下からは逃れられないな、どうにもモチベーションを保っていられない
駄目だ、やる気が出ない、今日はもう寝るとするか



そう思っていたのが。

d0037370_1836082.jpg
こんな事になろうとは。


・ ・ ・ 事の起こりは、りゅりゅさんからのtell

「そこのしるばさん。 に濁点はひらがなだとかっこ悪いです」

そんなの私の知った事じゃない!! まさかこれを言うためだけに話しかけてきたわけじゃないだろう、何の用事かと思えば

「というわけで、ウンディーネ行くので暇だったら来てください」

何が 「というわけで」 なのかよくわからないが ・ ・ ・ その鱗などが貴重な品とされる水精、ウンディーネの討伐隊に加えられ ─── 先の状況となった
ウンディーネはとても強力な水精と聞いているが、こちらは前衛4名後衛3名というバランスの取れた陣形、そして
同行したメンバーはりゅりゅさんをはじめとし、皆それぞれの技能に充分熟練した者ばかりだ
私はまだまだ熟練が足りないが、それでも前線に立って、精一杯の攻撃を喰らわせてやる事はできる!


d0037370_19485041.jpgつい先程までは全くやる気が出なかったというのに、急に気分が高揚してきた
こうして大勢で出かけ、激しい立ち回りを繰り広げる ─── この状況が、楽しい

ああ、なんだ。
私は一人、失った時間を嘆いて、その事しか見えなくなっていたんだ
そんな考えでは、何をしてもつまらなく感じるのも当たり前、か ・ ・ ・
よし、こうなれば今夜はとことんまで、楽しんでやる!


・ ・ ・ 数体のウンディーネを討ち倒し、貴重な鱗、珍しい秘伝の書やノアピースも集まってきた頃
私には最大の敵 ─── 睡魔が襲いかかる
睡魔が相手ではどうすることもできないな、みんなにその旨を告げ、一足先に帰らせてもらう
大した働きはできなかったが、手土産にと鱗など色々と頂いてしまう ・ ・ ・ 感謝の限りだ


さて、意気揚々と帰ってみれば・・・shinyもみつき姉も、頭から布団を被って寝込んでいる
見たところではshinyたちの知り合いも、ほとんどがダイアロスに戻ってきているようだ
教えてやれば元気のひとつも沸いてくるというものだろう、明日起きたら発破をかけてやるとするか ・ ・ ・ と、
睡魔が、もう、限界 ───


私の意識は、急速にベッドの中へと沈んでいく。
だが今日は ・ ・ ・ いい気分で、眠れそうだ。
 ─── ゴンゾロッソは許さないが。
[PR]
by shiny_shiny | 2006-02-26 03:59 | シルヴァの奮闘日記

赤唐辛子の料理を考える

明日23日中には復帰への状況をご報告差し上げるべく、関係各所最終調整を行っております。

今回は信用できるのやら、どうなのやら
メンテナンス延長、それから明らかに重くなったサーバ、そのうえ個人情報流出で緊急停止
これだけ信用落とすようなことばっかりだと、情報流出が明らかになったひとはもちろん
それ以外のひとでも、不安や恐怖を感じちゃうのは当然のこと
知り合いさんのサイトや他のMoE系サイトをのぞいてみても、あきらめムードが漂うところがいくつも・・・

前にもちょっと書いたとおり、私はいまのみんながいるダイアロスが好きだからこそ
この世界にいるわけだし・・・
あのときはまだ前向きな意見を書けたけど、今回はさすがにぽかーん・・・
この後の動きがどうなるかは、何も言わずに静観するとします
まだまだダイアロスから出ていくつもりはないけどね!!
むしろゴンゾロッソがダイアロスから出て行ってくれないかな
再びひっそりIRCチャット wide系列サーバ #MoE_たのしいごはん


・・・さてて、Zexelさんから投げられた台詞バトンはそのうちゆっくり>x<
[PR]
by shiny_shiny | 2006-02-22 21:29 | 雑記

たのしいごはんは不滅です

d0037370_1046446.jpgスキル、スキルの大改造~♪
ということで私もこれまたひさびさの出番、マスターごはんshiny参上~!

しっかり戦闘するのはシルヴァに任せて、私はカオスエイジと最低限の護身のみ、っと
これまで使ってた槍と盾を下げて、素手とダンスを上げていく方向転換に乗り出しました
余裕があれば包帯も下げて、ハウスキーパーに必要な裁縫と美容も欲しいところ・・・
そんなこんなで、もそもそと活動中だった今日このごろ

d0037370_1152574.jpgそんな中、本日はちょっとうれしいニュース
弓使いのたまみさん、MetelさんちのWillyくん、そして先日ついに

 [メモ]  俺は神になった!

・・・もとい、物好きの最高位シップ「神ネタ師」になったいのさん、この3人が
一挙にFS<ごはん>に加入してくれました!
半分は勢いで立ち上げたFSだったけど、こうしてちゃんと続いてるのもうれしいところ
実質的な人数は少ないけど、ごはん仲間が増えるのはいいこといいこと

d0037370_2014629.gifではではさっそく加入記念のごはん会、今日は私の売れ残りグラタンと
なぜかいのさんが持ってたマーボー豆腐&うな丼
どんぶり掲げてかんぱーい! かっちーん

d0037370_1151617.jpg・・・ごはんの匂いに誘われてきたのか、いつのまにかTixelさんの姿、そして今日はもうひとり
神ネタ師いのさんの怪しいオーラ神の目映いオーラに興味を持って引き寄せられてきた
ネオクラング在住の腕利き鍛冶師、SevenSwordsさん
ふたりともごはん会に加わってもらって、そのままいろいろ雑談モード突入!
暗黒料理店を頻繁に開いてたころの私をSevenさんが覚えてた、なんて偶然もあったりして
いろいろ話が盛り上がって、いのさんは踊り跳ね回るし、Tixelさんはパンツマンたちを

って、あれ・・・? 気が付けばもうかなりの時間!?
みんな新キャラ育成とか忙しいはずなのに、ついつい今日も「ごはん→雑談→おやすみなさい」な流れに・・・
それでも「楽しいから」ってあっさり笑ってくれるみんなには、ホントに感謝です
そして<ごはん>のみんなにはあらためて、これから先もよろしくね

ではでは、もう遅いしこのままおやすみなさい、みんなおつかれさまー・・・って
なにやら目の前で、ものすごい戦いが繰り広げられてる!?


d0037370_12172418.jpg

ゴッド vs 神



ゴッドじゃむさんと神いのさんが、ガンの飛ばし合いで張り合ってる!?
むむ、こんどはふたりとも立ち上がったけど、次は何をする気・・・


d0037370_12193494.jpg
フォォォォォォォ!!




・・・この後も次々続く、ゴッドと神の怪しい狂騒劇
えーっと・・・なんていうか、やっぱり
人知を越えたゴッド、神の領域まで達するには

人間として大切な何かを捨てる必要がある、っとTxT

[PR]
by shiny_shiny | 2006-02-19 01:41 | shinyのごはん日記

みつきのバレンタイン

d0037370_2263049.jpgはぁ~ ・ ・ ・ あ、こんばんは ・ ・ ・ ひさびさのみつきです

あーあ、このごろもともと少ない出番がさらにさっぱり、どんどん影が薄くなっちゃってる・・・
ひさびさにログインして知り合いさんたちに会ってみれば、こんな反応

「サンタ帽子にAOL装備にデザインショルダーとくれば、普通はもっと目立つはずなのに」
「ペットのほうが存在感がある状態」 「無言でafkしてもばれないという利点が?」
「たまねぎにすら忘れられてしまうのではないかというくらい影薄いです」

なんだか酷いこと言われ放題、そして最終的には

「存在自体が地味で薄い」 なんて結論を出される始末!!TxT

まったくもう、どうして私はこんなキャラに・・・

たしかに私は採集専門なスキル構成で、華々しい戦闘もできない、生産品を売る露店の列にも加われない
採集のためには必然的に森や畑なんかにこもることになっちゃうから、他のひととの接触も少なくなっちゃうし
そんな環境だとどうしても、やってることは目立たないし・・・
だからこそサンタ帽子とかスターブローチとかがーぽんとか、見た目的にも精一杯のアピールを心掛けてたのに
それなのにこんな言われよう、私はいったいどうすれば~!?

・・・っと、なんだか街がいつもとちょっと違った賑わい? そういえば2月14日、今日はバレンタインデー!
どこかの教義の祝日で、親愛なる相手にプレゼントを贈る習慣になってる日、だよね
このあたりでは女性から男性にチョコレートを贈るのが習慣、そういえばshinyがなにやらがんばってたっけ・・・

 きゅぴーん!!

そうだ、私もチョコレート贈ろう! もちろんそのへんで売ってる出来合いのじゃなくって
自分自身ををアピールするためにも、私の自慢の収穫の腕で、しっかり材料のカカオ集めて作る
最大級に気合いの入ったチョコ!!
そうすればきっと、私の存在感だって大きくアップ、うん
今日は乙女が輝くバレンタインデー、がんばれみつき、負けるなみつき、おー!


d0037370_22502194.jpg

d0037370_22461046.jpg

d0037370_22504452.jpg
私の熱い想いは・・・燃えに燃えて、燃え上がり
その想いは、これまではムリだってあきらめてたサベージ村中央のカカオ畑への潜入を可能とし
サベージナイトやキングといった強豪たちをの居並ぶ中をかいくぐり、まるでどこかの酋長の娘さんのごとく
ばっさばっさとカカオを刈り倒していきます

これで・・・このカカオ持って帰って、気合いの入ったチョコを食べてもらえば
きっと相手は私を見直して、いままで隠れていた私の存在感に気が付いてくれるはず!
そしてさらには、それをきっかけに友達の輪もどんどん広がっていっちゃったり!?

・ ・ ・ あは、あはははは、あはははははははははは



あれ、そういえば・・・チョコ作るからには料理スキルが必要?
私の料理スキルはっと、どれどれ~?


料理 ( 0.0 / 80.0 )


d0037370_23131233.jpg
こんにちは 壁
なんだか私、ものすごい空回りしちゃったみたい
がんばったけど、生のカカオ豆じゃ誰も食べてくれないよね
あは、なんだかかえって薄くなった気がするよ~、あはははは
・ ・ ・ いつも何も言わずに聞いてくれて、ありがとね




「バレンタインチョコは料理0.0でも作れる」って事実に気が付いたのは
翌日のことでした、とさ ・ ・ ・ うわああああんTxT
[PR]
by shiny_shiny | 2006-02-15 02:11 | みつきの苦労日記

一期一会

一週間だけの予定が3日延ばされ、さらにもう3日延ばされて
やっと戻ってきた、ダイアロス ─── 久しぶりのこの地の空気が、懐かしい

と、やはり思った通り・・・身体の動きが鈍ってしまっているな、スキルという問題じゃない
しばらくこの地で身体を動かしていなかったせいで、「慣れ」という物が少し抜けてしまったようだ
ここはオルヴァンでも相手に鍛錬・・・といきたいところだが、先日抱いてしまった「戦いの意味、戦いへの疑念」が
未だに私の頭の中で渦巻いている
この数日の間に、気持ちの整理をつけたつもりだったが ─── 一度抱いてしまった感情というのは、とても重いな

こんな気分のままじゃ鍛錬も辛い、どうしたものか ・ ・ ・ と、久しぶりのビスクの街を歩いていると
若葉マークを付けた旅人たちの姿が多いことに気付く
ダイアロスを取り囲む嵐が再び弱まった事で、この地に漂着する者がまた増えているようだ
その姿を見ていると、少し以前の私を思い出すな
・ ・ ・ そうだ、思い出した ─── 私が漂着した時、試練の場である「ケール・タングン」で掛けられた言葉

「今度はサポートに来てやってくれよ」

「神去月の洞窟」という二つ名を持つあの場所は、旅人たちが熟練者たちの導きのもと、試練を乗り越えて行く場所であった
今の私なら・・・あの場所で、旅人たちを守り、導く、力になれる!!

武閃で「鉄刀」のランクにある私は、「白・抱・望」というクエストで、あの場所へと向かうことができるはずだ
オグマからノアピースを受け取り、そしてモラ族長老イーノスと話をし・・・そして、スー・ミンタンの水辺にあるアルターへ飛び込む
こうして私はあの場所へと、再び降り立つことになった


d0037370_21213528.jpgさて、約一月半ぶりに訪れたこの場所だが・・・何も変わっていないな
沢山の旅人たちの姿、そしてその中に混じる熟練者の姿
違うのは、私が旅人ではなく熟練者のひとりとして来ている事くらいだ

ともあれ旅人を導く側の立場として、ここは慎重に立ち回らなければならない
試練の相手となる化け物たちは、今の私でこそ容易い相手であるが
身体能力もおぼつかないような状態の旅人にとって、どれだけ脅威であるかは
以前の経験から身を持って知っている

・ ・ ・ この場において重要なのは、敵を討ち倒す事ではない
旅人たちを無事に守り抜き、送り出すことだ ─── 気を引き締めろッ!!

d0037370_21515238.jpg私を含めた前衛数名が先行し、化け物たちを殲滅する
岩の化け物たちは群れをなして襲いかかるが、私たちの戦力の前にはそれも無力
棍棒スキル値70、やっと使いこなせるようになった範囲攻撃スキルのヴォーテックスホイールも
このような場所では非常に役に立っているようだ
討ち漏らした化け物が無防備な旅人に向かって行ってしまったりと、ひやりとさせられる場面もあったが
そこは後衛の回復魔法使いの人々が、的確にフォローする

気が付けばあっという間に最後の部屋、赤い光球の姿をしたボスが待ち受ける場所だ
こいつには、旅人たちが渡されているポーションでしかダメージを与えられない
私にはできることがないのが歯痒いが・・・ここは彼等に任せるしかない、今は見守る時だ

そして・・・ついにこの光球も、動きを止める

勝利に沸き立つ旅人たち、そして無事に試練をくぐり抜けたことで、安堵に胸を撫で下ろす私たち
その向こうでは閉ざされていた扉が開き、元の場所へと戻るアルターが現れる
後は旅人の皆を送り出すだけだ・・・と、ひとりの旅人から私の手に握らされる、小さな花 ─── 「小さな希望」 スー・メリア

「ありがとうございました~!」

これから旅立つ新たな世界に心を躍らせる、元気な旅人の声
その笑顔を見ていると・・・私も、やっぱりこの場所へと赴いて良かったと感じられる
一期一会、ここはこちらも精一杯の挨拶で、彼等を送り出してやらなければ

「外に出ても気を付けて ・ ・ ・ そうだ ───  またいつかの時代、どこかの場所で! 」


散々悩んだ「戦いの意味」だったが ・ ・ ・ 何かを守るための戦いというのも、あるじゃないか
今日のこの経験は、私がこの事を考え直す、良いきっかけになりそうだ

─── まだまだ旅人たちはやって来るようだ、この際クエスト達成などという目的はどうでもいい
よし、もうしばらく「守るための戦い」を続けてやろうじゃないか
私は再びケール・タングンへと戻り、旅人たちを守り導く役目に ・ ・ ・ う?
今何か、大きな緑の物体が、あれは何だッ!?



「初心者ー 初心者はいねがー」
d0037370_22381041.jpg
「わからないこと教えてやるで出て来いー」



ああ、確かどこかの民俗行事だったな、「なまはげ」とか言ったか ・ ・ ・
って違うだろう! こんな所で何をやっているんだ、おかしい、明らかに狂ってる!!



私は背を向け ─── 何も見なかったことにした。
[PR]
by shiny_shiny | 2006-02-14 01:15 | シルヴァの奮闘日記

メンテナンス最終日・・・あれ?

今日はダイアロスに戻れる日~、メンテナンスの最終日~
みんな元気かなーっと、ひさびさのログインが楽しみ楽しみ

そんなわけで、今日はこんなかんじ



d0037370_0121670.jpg
かっこーん

d0037370_0122453.jpg
ぴし、すとん


d0037370_0123019.jpg


 ・ ・ ・ なんで私はまだここに?


ダイアロスを取り巻く嵐は勢いを増し、障害情報特設ページなんてのができてるぐらい
メンテナンス終了日にアカウント移行手続きも一緒に開始っていう過密スケジュール、それにこれまでの経験から
こうなることはちょっと予想してたけど・・・こんな予想が当たってもうれしくなーい!!

さてて、ちゃんと戻れるのはいつになるのやら、再びパンヤ島生活に舞い戻る私でした
一緒に回ってくれた知り合いさんありがとー・・・

d0037370_036731.jpg


 並んでしょんぼり TxT

©2004 Ntreev Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved. Exclusive License
©2004 HanbitSoft, Inc., All rights reserved.
©2004 Gamepot Inc., All rights reserved.

・・・このままだとMoEブログじゃなくなっちゃうよ!>x<;
[PR]
by shiny_shiny | 2006-02-10 00:37 | 雑記

メンテの間は他の星へ ~シルヴァの奮闘日記外伝~

d0037370_1823578.jpgああもう、一週間も身体を動かさないでいると、感覚が鈍ってくる
ダイアロスの地でまた自由に身体を動かせるようになるには、まだ数日・・・この調子では
体力も技のキレも、すっかり落ちてしまうじゃないか・・・!

・・・今日も目の前にはごろごろしているshiny、皮肉も込めて思わずぼやいてしまう
まぁ、この馬鹿姉にぼやいたところでどうなるものでもないか ─── と思ったら、思わぬ返事が帰ってくる

「それならkazuoさんたちが話してたんだけど、こんなとこにでも行ってみたらー?」

む? 何々 ・ ・ ・ 「PHANTASY STAR ONLINE」
移民宇宙船「パイオニア2」に所属する「ハンターズ」の一員として、未開惑星ラグオルの調査任務を行うという
疑似体験の世界、といったものらしい
鈍った身体をほぐせるのならば何でも良い、私は早速、この世界へと飛び込んだ

d0037370_1847193.jpgそれにしても・・・大規模な超長距離惑星間航行用移民船であるというパイオニア2の内部は、
機械文明が高度に優れた、ダイアロスとは全く違った発展を遂げた世界の一部であることが一目にしてわかる
空を飛ぶ車、宙に浮かんで見える文字、そして遠くまで立ち並ぶのが見える高層建築物の数々
いずれもダイアロスでは見ることのなかったものばかりだ

 ─── もしかすると、遠い未来にはこのような世界も有り得るのかもしれないが ───

話が脱線してしまったな、そもそも私は観光に来たわけじゃないんだ
ここでは私は、ハンターズギルドなる組合に所属する立場であり、ここからクエストを斡旋される
まだまだこの世界の様子などは掴めないが・・・ともかく挑戦あるのみだ

d0037370_190384.jpgしかし・・・見れば見るほどにわからない世界だ
いざ地表に降りてみれば、まさしく未開惑星といった、鬱蒼とした森が茂っているような光景であったり
そんな中にも、移民団の先発隊たちの手によると思われる数々の装置や建造物が眠っていたり
考えてみれば、私が手にしている武器さえも、フォトンと呼ばれる不思議なエネルギー粒子を使った物であるし
さらには私たちハンターズに配給される「マグ」なる防具も、知能を有する生体機械であるという
ダイアロスという魔法文明の世界から来た私にしてみれば、全く持って謎だらけだが・・・

そんなことは今の私にとっては些細な問題だ、私は鈍った身体をほぐすための鍛錬に来たんだ
私の選んだ職業タイプでは、本来の私が得意とする棒術を使えない事が悔しいが
身体をほぐし、肉体の鍛錬を行うという分には、慣れない武器で戦うこともかえって力になるかもしれない、か

d0037370_19392986.jpgd0037370_1938213.jpgいかにして相手の動きを読み攻撃を当てるか、そして避けるか、テクニックをどのような局面で駆使するか・・・
一人用のクエストを続け、だいぶ戦い方にも慣れてきた
とはいえ何人もの人々が参加するクエストに行くのにはまだ躊躇がある・・・とりあえずは
そのようなクエストでも一人だけでどこまで行けるものか、試してみようじゃないか

・・・戦いの中、何度か倒れてしまうこともあったが、とりあえずは一人だけでもなんとかなるようだ
ダイアロスの世界とは違い、傷付き倒れてもそれが「死」というわけではなく、あくまで戦闘不能になるだけで
すぐさまメディカルセンターへ転送されるというのも、戦いとしては甘いような気もするが
「死」の蔓延したあの世界と比べると、気分的な負荷も小さな物、か・・・
d0037370_2024548.jpgあるクエストの最後には、巨大な竜族、ドラゴンとの戦いも経験した
案の定一度は倒れることとなったが・・・二度目の挑戦では、攻撃のパターンも読めてきた
ドラゴンの驚異的な生命力の前に、自分の攻撃がどれほど効いているものか不安にもなったが
諦めが一番の敵だ、とにかく攻撃の手を休めるなッ!!

そして・・・遂にその巨体も、地に沈む

なるほど、諦めずに挑戦すれば、なんとかなるものじゃないか
鈍った身体をほぐすためと来てみたこの世界だったが、なんだか自信が付いてきた
せっかくだ、この調子でもう少し頑張ってみるか

d0037370_20275950.jpg先程のドラゴン戦の後、奴が隠し持っていた沢山のアイテムボックスを漁ると
その中から、一降りの大剣を見つけた
手数で攻める短刀や、切り裂くように使う小剣などよりも、私にはやはり
力に物を言わせて振り回す、このような武器の方が合っているな
早速身に付け、その威力の程を試してみる ─── よし、上々だ


さて、この具合ならまだまだ頑張れそうだ、このまま次のクエストも ・ ・ ・ う!?

いったい何だ? 寒気が、それに眩暈も・・・そういえばしばらく前からどうにも頭がぐらぐらする
ああもう、気持ちが悪い、うああぁぁぁ


「あれー? 勢い込んで行ったのにもう戻ってきてるし ・ ・ ・ それに顔青いよ?」

戻った私にshinyが声をかけてくる、だが私の気分は満身創痍の状態
横になる前にただ一言だけ返すのが ・ ・ ・ やっとだった


「 ─── 画面酔い、した」

(C) SONICTEAM / SEGA, 2000, 2005 (C) SEGA, 2000, 2005
この記事で使用されている画像は、Windows用ゲーム
「ファンタシースターオンライン ブルーバースト」よりキャプチャーしたものです。
配布や再掲載は禁止されています。

[PR]
by shiny_shiny | 2006-02-06 20:53 | 雑記

メンテの間はブログ改装・・・失敗TxT

ながいながーいメンテナンス、こんなときこそブログの大改装計画!?
スキン変更とかいろいろと、やってみたいことを考えるとキリがないけど、まずは手始めに
いつまでもへにょれてるバナー&→のロゴ絵を、しっかりしたものに描き換えてやるべし!

・ ・ ・ 勢い良く取りかかる私、こういうときのやる気の燃え上がりは半端じゃありません
燃えて燃えて燃え盛って、そしてついに


わずか30分で燃え尽きた!TxT  ぷしゅぅぅぅ


d0037370_22445753.jpgとりあえずお茶濁しに、ちょっと前に描いた落書きshiny貼り付け 一応クリックで大きくなったり
やっぱりデッサンがなってなーい、だからバランス悪くて首長すぎ
それに首から下も面倒がらずにちゃんと描くべし
黒塗りでダーインローブなんてごまかさない、色塗りもちゃんと学習しなさい
こんなことばっかりしてても絵心の向上は見込めないぞっ、下手の横好きのままだ~!

いつもそう思いつつ、結局やる気が持たない私でしたとさ、ぱたり



あれ・・・? ←の私、なにか足りないと思ったら・・・ 羽根もげてる!?
[PR]
by shiny_shiny | 2006-02-05 23:12 | 雑記

メンテの間は他の島へ

2006年2月9日(木)までっと、あーうーTxT

d0037370_0583354.jpgそんな中で、またひっそりパンヤ島に出かけることが増えてたり
ちなみに向こうでの名前は「みみね」になってます あっちのshinyさんやみつきさんは別のひとです

MoEのメンテナンスの間に、っと、同じようなことをしてるひとがそれなりにいるみたいなので
見かけた際には声をかけるなり、対戦部屋に連行するなりしてもらえるとうれしい限り!
だれでもどんと来ーい、そして勝利の祝砲(大砲)を響かせろ~!

・・・メンテナンスの間くらいゲームから離れればいいのに、そう思いつつも
ついついはまり込んじゃってる、私でした
©2004 Ntreev Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved. Exclusive License
©2004 HanbitSoft, Inc., All rights reserved.
©2004 Gamepot Inc., All rights reserved.
追記 : IRCチャットなるものを導入してみました
      詳しくはIRC普及委員会さんのところなどで、接続サーバとかポート番号とかめんどうそうなのは書いてるとおりで(一応wide系列、っと)
      チャンネル名は「#MoE_たのしいごはん」です ・ ・ ・ 果たしてこれがまともに使われる機会はあるのでしょうか>x<;
      ちなみにblarageさんが「#MoE交流」というチャンネルも作ってるので、御参考までに~
[PR]
by shiny_shiny | 2006-02-04 01:19 | 雑記

どっしりしっとり、チョコレートたっぷりケーキ

やってきました、レシピバインダー<料理>のコーナー!
・・・前回からものすっごく時間が空いてるのは、気にしない気にしない>x<
今回はバレンタインも近いということで、チョコレートを使ったシンプルなケーキです
ひとによってレシピは様々だけど、私がいいかんじだなーっと思う配分を御紹介、っと
単純に「私の買う板チョコは一枚70g」とかいう理由で決めてるレシピじゃありません、うん

ではでは、ひさびさのレシピ紹介はじまり~

第3回 : どっしりしっとり、チョコレートたっぷりケーキ

※材料(18cmホール型1つ分)※

   ショートニング    90g   (バターでもいいけど、チョコも入ると油分がしつこくなりやすいので)
   卵黄         3個分
   グラニュー糖    40g
   薄力粉        30g
   チョコレート     70g   (製菓用とかにこだわらず、好みの板チョコで可)

   卵白         3個分
   グラニュー糖    30g

※作り方※
 1. 下準備、オーブンは180℃に余熱、卵は卵黄と卵白に分けておきます
 2. ショートニングを湯煎で溶かし、卵黄とグラニュー糖40gを加えて泡立てます
 3. 全体的に混ざってきたら、薄力粉をふるい入れて混ぜます
 4. チョコレートも湯煎で溶かします、先にレンジで暖めてからだとすぐ溶けます(オーブンレンジ兼用の場合は余熱よりこっちを先に)
    溶けたチョコレートを 3.に加えて、さらにしっかり混ぜ混ぜ
 5. 別なボウルで卵白を泡立て、空気を含んで白っぽくなってきたらグラニュー糖30gを2回に分けて加え
    固くなるまで泡立てます (いわゆる「泡立て器を持ち上げると角が立つ」くらいのメレンゲ作り)
 6. 5.のメレンゲを 4.に加え、ゴムべらでさっくり切るように、全体が均質になるくらいに混ぜます
    ここでバニラエッセンスやラム等を入れると、チョコ以外の香り付けになります
 7. 型にオーブンペーパーを敷き(紙型でも問題なし)、できあがった 6.の生地を流し込みます
    オーブンに入れる前に型の底を軽く床に打ちつけると、中に溜まった空気の塊が取り除けます
 8. 180℃に余熱したオーブンに入れ、そのまま30~40分程度焼いたらできあがり!


いくつか注意点 ≒ やっちゃった経験談>x<
 ・ メレンゲは暑さと油分に弱いです、なるべく冷たいところで、ボウルや泡立て器はしっかり洗ったもので!
 ・ 底が取り外せるタイプの便利なケーキ型、空気抜きに軽く打ち付けたつもりが底が抜けることもあるので要注意
 ・ 生焼けが怖いときは、竹串なんかを刺して確認! 表面は焼けてるのに中が生焼けっぽいなら
   表面にアルミホイルをかぶせてもうしばらく焼くと、焦げずに中までしっかり火が通ります


っということで、今回はチョコレートケーキでした
粉に比べてチョコレートやショートニングの比率が大きいので、タイトルにもあるように「どっしりしっとり」な食感になります
(しっとりかつもふもふさせたいなら、4.でベーキングパウダー小さじ1/2という最後の手段もあったり)
焼き立ての香ばしいところを食べるも良し、冷やして生クリームや果物といっしょに食べるも良し、もちろんそのままでも
チョコレート本来のおいしさが出てて良し!
ガトーショコラと言い張りたいけど、なんでもあれはフランスの偉い会社の純度の高いチョコレートを使わないと名乗っちゃいけないとか
ケーキの世界も、なかなかにたいへんなモヨウです

ともあれ、バレンタインにはこれを1ホール持って行って、みんなで切り分けて食べるっていうのが
コストパフォーマンス的にも、手作りという見栄え的にも優れています

・・・え、特定の相手に贈るチョコレートのレシピ? あははは、そんなもの、縁遠くて、あはははははは

チョコレート商戦異常なし、今年もしっかり作るよ! そして自分で食べるよ!TxT
[PR]
by shiny_shiny | 2006-02-03 21:24 | レシピバインダー<料理>