はちみつたっぷり、しっとりスイートポテト

「たのしいごはん」はリアルの料理レシピサイトになりました

      ・・・・・冗談です!

なにはともあれ、私が作ってみて「あ、これはおいしいかも」っと思ったものをなんとなくレシピ紹介しちゃう
レシピバインダー<料理>のコーナー、突然の開始です

基本的に私の料理は、程良く手を抜いてそれなりにおいしいからいいやー、ってスタイルなので
紹介するレシピは、料理苦手なひとでもちょっとがんばればできる内容だと思います
さらには、できるだけ家にあるもので作れるようなレシピにしてあるので
「よーっし、作ってみようかな」なんて興味持ってくれるひとがいれば幸いです
逆に料理に手慣れてるひとには N・J・K~!! な内容かもしれないけど
「ああ、今日は冒険のネタがないんだね」って生暖かく見守ってください
毎日冒険できてるわけじゃないからね!TxT

・・・っと、いうことで


第1回:はちみつたっぷり、しっとりスイートポテト

※材料(4~5人分、小判形にして8~10こ程度)※
   さつまいも  500g (中1本半~2本くらい)
   たまご    タネに混ぜる用1こ+塗りたまご用1こ、計2こ
   牛乳     50cc
   バター    20g (できれば無塩がいいですけど、そうじゃないものでも特に問題ありません)
   はちみつ  大さじ3
 (あるとちょっとうれしいもの)
   香り付けの品  適量(バニラエッセンスなら10~20振り程度、ブランデーやラム等のお酒なら小さじ1~大さじ1程度)
   黒ごま  適量

※作り方※
 1.さつまいもは表面を洗い、よく水にぬれた状態のまま全体をラップでくるんで
   電子レンジで10分くらい加熱します
 2.皮をむき鍋に入れたら、木べらやスプーンなどでよくつぶし
   はちみつを加えてさらに混ぜます
   まだつぶせない固さのときは、再びラップでくるんで電子レンジにかけなおしてください
 3.牛乳を加えて混ぜたあと、水っぽさを感じるようなら、
   ときおり混ぜながら弱火にかけて水っぽさを飛ばします
 4.あら熱が取れたら、溶いたたまご1こ、電子レンジで溶かしたバターを入れて混ぜます
   香り付けの品があるならここで入れちゃいます(量はお好みで)
   よーく混ぜます
 5.適当なサイズにちぎって形を整え、塗りたまご用のたまごを溶いて表面(焼く側の面)に塗ります
   卵黄だけを使うのが良いですけど、卵白も含めてまるまる使っちゃってもかまいません
   どっちにしても、表面に塗ることで焼き上がりに照りがつきます
   このとき黒ごまがあれば、中央付近に乗せることで、出来上がりの香ばしさが増すと共に
   市販品っぽい偉そうな見た目になります
 6.200℃に余熱しておいたオーブンで、15分程度焼きます
   必要な時間はオーブンによってかなーり変わってきちゃうので
   たまーに中をのぞいて、表面に焦げ色が付くくらいになったら、できあがりです


スイートポテトには砂糖を使うレシピが一般的ですけど、砂糖じゃなくはちみつを使うことで
よりしっとりした食感になってます
また、できるだけ家にあるもので作れるようにということで、生クリームは使わずに、牛乳を使っています
たまごに関しても、一般的なレシピではタネに混ぜるたまご、塗りたまごともに卵黄だけ使うのが多いですけど
メレンゲ作りでもしない限り、卵白だけ残ってもそのまま余らせちゃうことが多いので
「もったいない!」&「べつにこれでもおいしいよ」っということで、私はたいてい卵白まで使っちゃってます
そのあたりは制作者の臨機応変にできるあたりが、料理のいいところ!  手抜きもしっかりできちゃうね

他のひとにあげるときなどは、お弁当に使うような小さいアルミケースに入れて焼くと
一口サイズで見た目もキレイ、型くずれもしないです(ケースには張り付いちゃうけど)
パイ皿などの大きな耐熱皿に敷き詰めて焼くとちょっとしたパイケーキ風になりますけど、量的にオススメしません
保存する場合、冷蔵なら2、3日くらいを目安に食べ切ってください
冷凍なら持つことはかなーり持ちます


以上、第1回、レシピバインダー<料理>のコーナー、終了させていただきます
また冒険のネタが切れて手抜き料理のネタができたころに・・・

・・・スイートポテト、MoEでもできないかなー・・・ってじゃがいもしかないよ!TxT
[PR]
by shiny_shiny | 2005-05-16 19:53 | レシピバインダー<料理>


<< 空中散歩のススメ 1か月記念、ちょっと豪華なごはん会 >>