物見遊山

d0037370_1544971.jpg今日は久しぶりのカオス、今日は鈍った身体の感覚を取り戻してやろうと
三度のゲート開放とも参戦してやる覚悟で、私はFutureAgeのカオスゲート前に立つ
最初の地の門こそ人数オーバーであぶれたものの、続く火の門には問題なく入ることができた

ここ数日は、ダイアロスに居ても戦いという物からはすっかり離れ、鍛錬のひとつも行わずに
良く言うならば 「悠々自適な日々」 を過ごしている事が多かったが ・ ・ ・ 久しぶりの戦いに気が引き締まる
手にした棍棒から伝わる手応えに、感覚が戻ってくる、そして最前線の一端を担う者として
目の前の強大な相手に確実にダメージを与えられている事も分かり、自信のような物も沸いてきた

と ─── 気が付けば、重々しい声を上げて倒れるSGKの姿 ・ ・ ・ 勝利、だ

続く冥の門、IGK戦でも勝利、やはり最前線の確実な戦力となれている事に、気分が良い
帰るその手に持つのは貴重なカオス素材、これで資金繰りもうまくいきそうだ

d0037370_15413614.jpg・ ・ ・ FutureAgeから戻ってきた私に、知り合いの人々からの声が掛かる
声を掛けてきたのはMetelさん、たまみさん、それにINOAさん
なんでも今日は物見遊山に、蠍王ことスコーピオンキングと呼ばれる巨大な蠍の討伐に挑戦するとの事で
丁度良く現れた謎将軍氏と共に、前線部隊として、私もこれに参加することになった

さて ・ ・ ・ ミーリム海岸、拝火教と呼ばれる異端者が集まる焚き火に
件のスコーピオンキングは現れるらしい
条件となるのは海岸の岩場に現れるロックスコーピオンの一定数殲滅、これをINOAさんに任せ
私たち4人は、相手が現れるのをじっと待つ

そして遂に ─── その時は来た


d0037370_15445040.jpg


大きい、大きすぎる!? 蠍王と呼ばれる事からある程度は想像していたが、まさかこれ程に大きな物とは
そしてその攻撃も想像に違わず、動きは鈍いが、一撃一撃はとても重い ─── 話に聞くところによると、その攻撃は盾での防御をも貫くという
だがこちらとて ・ ・ ・ 布陣は万全だッ!! 私と謎将軍氏は最前線で、攻撃を受け流しつつ確実なダメージを与える
後方に控えるMetelさんとたまみさんには、魔法と弓での援護や回復を担当してもらう
これなら ─── 負けることはない、勝てる!!



d0037370_1622582.jpg焚き火と太陽を背に、倒れ伏すキングスコーピオン ・ ・ ・
普通の蠍一匹が落とす抜け殻を一二匹分も残して、その姿を消していく

この後、同様にキングスコーピオンを狙ってやって来たパーティの方々と交代交代で
もう二度ほど、この相手を討ち倒す
フィヨルバルという装備の貴重な部位を落とすようだが、残念ながらそれは見つからなかった
しかし、これだけの強大な相手を実際に見て ─── 実際に戦い抜いた事は
とても新鮮で、貴重な体験となった

さて、身体の感覚はしっかり戻ってきた、気力も充分だ ・ ・ ・ そしてやはり
自分が前線に立つ者として、皆を護れるようになっていることが、大きな自信となった

だらけた生活から、武人としての私が帰ってきた ─── と、共に。

猛烈な睡魔も、襲ってきた。
[PR]
by shiny_shiny | 2006-04-02 01:17 | シルヴァの奮闘日記


<< 新番組はごはん仮面 苦髪楽爪 >>