一期一会

一週間だけの予定が3日延ばされ、さらにもう3日延ばされて
やっと戻ってきた、ダイアロス ─── 久しぶりのこの地の空気が、懐かしい

と、やはり思った通り・・・身体の動きが鈍ってしまっているな、スキルという問題じゃない
しばらくこの地で身体を動かしていなかったせいで、「慣れ」という物が少し抜けてしまったようだ
ここはオルヴァンでも相手に鍛錬・・・といきたいところだが、先日抱いてしまった「戦いの意味、戦いへの疑念」が
未だに私の頭の中で渦巻いている
この数日の間に、気持ちの整理をつけたつもりだったが ─── 一度抱いてしまった感情というのは、とても重いな

こんな気分のままじゃ鍛錬も辛い、どうしたものか ・ ・ ・ と、久しぶりのビスクの街を歩いていると
若葉マークを付けた旅人たちの姿が多いことに気付く
ダイアロスを取り囲む嵐が再び弱まった事で、この地に漂着する者がまた増えているようだ
その姿を見ていると、少し以前の私を思い出すな
・ ・ ・ そうだ、思い出した ─── 私が漂着した時、試練の場である「ケール・タングン」で掛けられた言葉

「今度はサポートに来てやってくれよ」

「神去月の洞窟」という二つ名を持つあの場所は、旅人たちが熟練者たちの導きのもと、試練を乗り越えて行く場所であった
今の私なら・・・あの場所で、旅人たちを守り、導く、力になれる!!

武閃で「鉄刀」のランクにある私は、「白・抱・望」というクエストで、あの場所へと向かうことができるはずだ
オグマからノアピースを受け取り、そしてモラ族長老イーノスと話をし・・・そして、スー・ミンタンの水辺にあるアルターへ飛び込む
こうして私はあの場所へと、再び降り立つことになった


d0037370_21213528.jpgさて、約一月半ぶりに訪れたこの場所だが・・・何も変わっていないな
沢山の旅人たちの姿、そしてその中に混じる熟練者の姿
違うのは、私が旅人ではなく熟練者のひとりとして来ている事くらいだ

ともあれ旅人を導く側の立場として、ここは慎重に立ち回らなければならない
試練の相手となる化け物たちは、今の私でこそ容易い相手であるが
身体能力もおぼつかないような状態の旅人にとって、どれだけ脅威であるかは
以前の経験から身を持って知っている

・ ・ ・ この場において重要なのは、敵を討ち倒す事ではない
旅人たちを無事に守り抜き、送り出すことだ ─── 気を引き締めろッ!!

d0037370_21515238.jpg私を含めた前衛数名が先行し、化け物たちを殲滅する
岩の化け物たちは群れをなして襲いかかるが、私たちの戦力の前にはそれも無力
棍棒スキル値70、やっと使いこなせるようになった範囲攻撃スキルのヴォーテックスホイールも
このような場所では非常に役に立っているようだ
討ち漏らした化け物が無防備な旅人に向かって行ってしまったりと、ひやりとさせられる場面もあったが
そこは後衛の回復魔法使いの人々が、的確にフォローする

気が付けばあっという間に最後の部屋、赤い光球の姿をしたボスが待ち受ける場所だ
こいつには、旅人たちが渡されているポーションでしかダメージを与えられない
私にはできることがないのが歯痒いが・・・ここは彼等に任せるしかない、今は見守る時だ

そして・・・ついにこの光球も、動きを止める

勝利に沸き立つ旅人たち、そして無事に試練をくぐり抜けたことで、安堵に胸を撫で下ろす私たち
その向こうでは閉ざされていた扉が開き、元の場所へと戻るアルターが現れる
後は旅人の皆を送り出すだけだ・・・と、ひとりの旅人から私の手に握らされる、小さな花 ─── 「小さな希望」 スー・メリア

「ありがとうございました~!」

これから旅立つ新たな世界に心を躍らせる、元気な旅人の声
その笑顔を見ていると・・・私も、やっぱりこの場所へと赴いて良かったと感じられる
一期一会、ここはこちらも精一杯の挨拶で、彼等を送り出してやらなければ

「外に出ても気を付けて ・ ・ ・ そうだ ───  またいつかの時代、どこかの場所で! 」


散々悩んだ「戦いの意味」だったが ・ ・ ・ 何かを守るための戦いというのも、あるじゃないか
今日のこの経験は、私がこの事を考え直す、良いきっかけになりそうだ

─── まだまだ旅人たちはやって来るようだ、この際クエスト達成などという目的はどうでもいい
よし、もうしばらく「守るための戦い」を続けてやろうじゃないか
私は再びケール・タングンへと戻り、旅人たちを守り導く役目に ・ ・ ・ う?
今何か、大きな緑の物体が、あれは何だッ!?



「初心者ー 初心者はいねがー」
d0037370_22381041.jpg
「わからないこと教えてやるで出て来いー」



ああ、確かどこかの民俗行事だったな、「なまはげ」とか言ったか ・ ・ ・
って違うだろう! こんな所で何をやっているんだ、おかしい、明らかに狂ってる!!



私は背を向け ─── 何も見なかったことにした。
[PR]
by shiny_shiny | 2006-02-14 01:15 | シルヴァの奮闘日記


<< みつきのバレンタイン メンテナンス最終日・・・あれ? >>