どっしりしっとり、チョコレートたっぷりケーキ

やってきました、レシピバインダー<料理>のコーナー!
・・・前回からものすっごく時間が空いてるのは、気にしない気にしない>x<
今回はバレンタインも近いということで、チョコレートを使ったシンプルなケーキです
ひとによってレシピは様々だけど、私がいいかんじだなーっと思う配分を御紹介、っと
単純に「私の買う板チョコは一枚70g」とかいう理由で決めてるレシピじゃありません、うん

ではでは、ひさびさのレシピ紹介はじまり~

第3回 : どっしりしっとり、チョコレートたっぷりケーキ

※材料(18cmホール型1つ分)※

   ショートニング    90g   (バターでもいいけど、チョコも入ると油分がしつこくなりやすいので)
   卵黄         3個分
   グラニュー糖    40g
   薄力粉        30g
   チョコレート     70g   (製菓用とかにこだわらず、好みの板チョコで可)

   卵白         3個分
   グラニュー糖    30g

※作り方※
 1. 下準備、オーブンは180℃に余熱、卵は卵黄と卵白に分けておきます
 2. ショートニングを湯煎で溶かし、卵黄とグラニュー糖40gを加えて泡立てます
 3. 全体的に混ざってきたら、薄力粉をふるい入れて混ぜます
 4. チョコレートも湯煎で溶かします、先にレンジで暖めてからだとすぐ溶けます(オーブンレンジ兼用の場合は余熱よりこっちを先に)
    溶けたチョコレートを 3.に加えて、さらにしっかり混ぜ混ぜ
 5. 別なボウルで卵白を泡立て、空気を含んで白っぽくなってきたらグラニュー糖30gを2回に分けて加え
    固くなるまで泡立てます (いわゆる「泡立て器を持ち上げると角が立つ」くらいのメレンゲ作り)
 6. 5.のメレンゲを 4.に加え、ゴムべらでさっくり切るように、全体が均質になるくらいに混ぜます
    ここでバニラエッセンスやラム等を入れると、チョコ以外の香り付けになります
 7. 型にオーブンペーパーを敷き(紙型でも問題なし)、できあがった 6.の生地を流し込みます
    オーブンに入れる前に型の底を軽く床に打ちつけると、中に溜まった空気の塊が取り除けます
 8. 180℃に余熱したオーブンに入れ、そのまま30~40分程度焼いたらできあがり!


いくつか注意点 ≒ やっちゃった経験談>x<
 ・ メレンゲは暑さと油分に弱いです、なるべく冷たいところで、ボウルや泡立て器はしっかり洗ったもので!
 ・ 底が取り外せるタイプの便利なケーキ型、空気抜きに軽く打ち付けたつもりが底が抜けることもあるので要注意
 ・ 生焼けが怖いときは、竹串なんかを刺して確認! 表面は焼けてるのに中が生焼けっぽいなら
   表面にアルミホイルをかぶせてもうしばらく焼くと、焦げずに中までしっかり火が通ります


っということで、今回はチョコレートケーキでした
粉に比べてチョコレートやショートニングの比率が大きいので、タイトルにもあるように「どっしりしっとり」な食感になります
(しっとりかつもふもふさせたいなら、4.でベーキングパウダー小さじ1/2という最後の手段もあったり)
焼き立ての香ばしいところを食べるも良し、冷やして生クリームや果物といっしょに食べるも良し、もちろんそのままでも
チョコレート本来のおいしさが出てて良し!
ガトーショコラと言い張りたいけど、なんでもあれはフランスの偉い会社の純度の高いチョコレートを使わないと名乗っちゃいけないとか
ケーキの世界も、なかなかにたいへんなモヨウです

ともあれ、バレンタインにはこれを1ホール持って行って、みんなで切り分けて食べるっていうのが
コストパフォーマンス的にも、手作りという見栄え的にも優れています

・・・え、特定の相手に贈るチョコレートのレシピ? あははは、そんなもの、縁遠くて、あはははははは

チョコレート商戦異常なし、今年もしっかり作るよ! そして自分で食べるよ!TxT
[PR]
by shiny_shiny | 2006-02-03 21:24 | レシピバインダー<料理>


<< メンテの間は他の島へ メンテナンス前、食べ納めごはん会 >>